とある持ち主ちゃんの請求家のフィニッシュ観戦会をめぐってきました

流感をひいて熱量を出して寝込んでいるときにお世話になっている工務店頭からテレホンがあり、次回完成するお願い屋敷の視聴会に参加しないかとのお誘いでした。
こういう屋敷は工務店頭が手掛けている屋敷で、以前は建築まん中のときにお邪魔させてもらい、直後完成したので見にお出でとのことです。建築まん中の屋敷を見させてもらっているので、どのようになったのか注目がありましたが、あいにく視聴会のお天道様は父親がホビーのスノーボードでクルマを使うので、クルマがない結果行けない旨を熱量で脳裏がボーっとやるまん中レビューしました。そうなると工務店頭は軽々と迎えに行くと言ってくれたので、参加することにしました。

即日工務店頭がクルマで迎えに来てくれ、まっ最中工務店頭を通じて職務員さんを乗せて屋敷のあるフィールドに行きました。
過去建築中に来たときは外壁や窓がなく、木の骨組みだけでしたが、今は白い外壁や窓が必ずあり、シャッターもありました。依然としてウッドデッキができていないので圧倒的終息ではなかったのですが、屋内に入られてもらいました。
屋内の障害は純白で暖かい陽射しが入って明るく、建築まん中は細長いと思ったのですが、大きく読み取れました。
この日は風が強くて寒い毎日でしたが、窓がダブル窓になっているのでそよ風は聞こえなくて寂しげで、室温はまだ入っていませんでしたが暖かかっただ。
2フロアにも上がらせてもらいました。ご夫婦の寝室は引き戸で区切られていますが、子供部屋ってタンスには引き戸はなく、将来的に障害を作って仕切るようです。

自宅も近いうちにこういう工務店頭に戸建てを建てて味わうつもりでいますので、こういう終息視聴会は非常に参考になり、また有意義な時間になりました。
居心地がよすぎて舞い戻りたくないぐらい素敵な屋敷を視聴させてもらいました。http://www.charpentes-gutzwiller.com/

とある持ち主ちゃんの請求家のフィニッシュ観戦会をめぐってきました