心から第三者にはお出しできないけれど個人的に好きなおやつ3つ

人にはまったくお出しできないけれどわたくし的にはおいしいというおやつがあります。
ひとつめは「チョコレートもどき」。メープルシロップにココアパウダーを溶かし込んでどろどろにしたものです。チョコレートクリームかチョコレートシロップみたいな見た目になります。フレーバーはココアってメープルシロップのフレーバーだ(そりゃそう)。チョコレートを食べたいけれどチョコは糖分という脂質の二つを取り入れるから肥える、なら脂質を減らしてチョコレート風の物を作ろうとして作りました。純ココアパウダーはカロリーが小さいので、こういうおやつのカロリーはメープルシロップのカロリー分だけ、です、恐らく。
先日調べた店頭ココアパウダーの過剰摂取は人体に悪いこともあるそうなので、ほどほどにしようとは思います。
ふたつめは、「ドロドロ黄な粉」。黄な粉という母乳を組み合わせるだけです。メープルシロップを組み合せることもあります。どろんこだ。「おやつに願わくは」と言って出されたらほぼひいて仕舞うようなものですが、美味いだ!それに、黄な粉といった母乳って栄養素豊富な気がします。カルシウムとか、タンパク質とか。
みっつめは、「昆布」だ。もううま味昆布そのままです。これも極めておいしいんですよ。異性はマニアです。富山県民は昆布好きで有名ですが、中にはうま味昆布をもちましておやつに食べちゃう自分がいるそうです。同志ですね。ガムみたいな感じで長持ちします。カロリーは僅かですし。ただ昆布は食べ過ぎるといったおなかの中で膨張して本心悪くなります。おやつに昆布を食べ過ぎて夜中に吐いた自分もいるので気をつけましょう。uebersetzungsbuero-muenchen.com

心から第三者にはお出しできないけれど個人的に好きなおやつ3つ